健康料理レシピ!血糖値を上げない肉じゃが・甘さはマービーで!名医の太鼓判

肉じゃが健康

名医の太鼓判「名医が教える健康効果があがる料理ベスト10」の中から、9位の肉じゃがについて、名医が教えてくれたレシピをご紹介します。

肉じゃがには、Ⅱ型糖尿病の方のために作られた甘味料「マービー」という秘密兵器を使っています。

 

 

放送日時・概要

TBSテレビ
4/29 (月) 19:00 ~ 22:00
名医のTHE太鼓判!【名医が教える健康料理ベスト10】

出演者

・MC:渡部建(アンジャッシュ)、山瀬まみ
・レギュラー:児嶋一哉(アンジャッシュ)、原西孝幸(FUJIWARA)、藤本敏史(FUJIWARA)
・ゲスト:小倉久寛、クロちゃん、くわばたりえ、関根麻里、瀬戸利樹、中山忍、村上弘明、村上都、山田親太朗
・教えてくれた先生方
医師 :大竹真一郎、大谷義夫、川村優希、丸田佳奈、森田豊
管理栄養士:赤石定典、伯母直美
料理研究家:水島弘史
家事テクニック:家事えもん

 

血糖値の上昇を抑える「肉じゃが」

肉じゃがと言うと、糖質の多いじゃがいもを使っているため、血糖値が上がるイメージがあります。

甘辛い味付けには、お砂糖も使われていますね。

血糖値上昇を抑える「肉じゃが」にするためには、「マービー」という甘味料を使います。

 

 

「マービー」とは?

マービーは、Ⅱ型糖尿病患者のために医療用に作られた天然の甘味料です。

トウモロコシやジャガイモが原料としています。

病院では約9割がマービーを使っているそうです。

 

一般的な砂糖は、体内で分解されてブドウ糖になります。

ブドウ糖が小腸で吸収されて血液内に入り血糖値が上がります。

マービーは、人間が分解できない糖でできているため、ブドウ糖になりません。

そのため、小腸で吸収されず、血糖値に影響がほとんどないのです。

 

ちなみに、番組スタッフが検証したところ

50gの砂糖を溶かしたお湯を飲むと血糖値は、105㎎/dl → 185㎎/dl

マービーの場合は、114㎎/dl → 128㎎/dl でした。

 

マービーの甘さは砂糖の約8割でスッキリとした甘さ、カロリーは半分です。

病院では、マービーを使ったケーキやクッキーなど、スイーツもメニューに入れているところがあるそうです。

 

マービーはどこで買える?

主に医療用として使われていましたが、最近は百貨店などにも置かれています。

またネットでも購入できます。

マービーは甘味料のほかに、飴やジャム、水ようかんなど、いろいろな商品があります。

 

名医が教える健康効果があがる料理ベスト10

名医が教えてくれた健康料理のランキング結果です。

「血糖値の上昇を抑える肉じゃが」は9位でした。

 

 

マービーは、病院で使っているのなら安心して使えますね。

血糖値が気になる方は、お砂糖をマービーに変えるといいかもしれません。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました