世界一受けたい授業|長生きみそ汁健康法!スペシャルみその作り方&効果別レシピ

味噌汁 その他健康

「世界一受けたい授業」で「長生きみそ汁健康法」というのをやっていました。

1週間で変われるというみそ汁健康法です。番組で紹介された内容をまとめました。

番組内容・放送日時

日本テレビ
2018年9月22日(土)
世界一受けたい授業
今日から変われる2時間スペシャル

■1週間で変われる!みそ汁健康法について
順天堂大学医学部教授 小林弘幸先生
著書:医者が考案した「長生きみそ汁」

お味噌の効果

みその塩分は血圧を上昇させない

健康に気をつかっている人は、塩分の摂りすぎに注意をしていると思います。

塩分を摂りすぎると血圧が上昇します。

でも同じ塩分をお味噌から摂取した場合、血圧は上昇しないのです。

血圧が上昇しないのはなぜ?

お味噌は、大豆と塩に麹を加えて発酵させます。

そのため、およそ1,500種類の成分が含まれているのだそうです。

その中に、腎臓から塩分を排出する成分があったのです。

おみそ汁が高血圧になるリスクを減らす!

おみそ汁を1日2杯以上飲むと、飲まない人に比べ、高血圧になるリスクが約80%低いことが判明しています。

海外と比べた塩分摂取量と血圧

日本人は、中国やイギリス、アメリカの人と比べると、塩分の摂取量は多いのですが、血圧はかなり低いのです。

これは、味噌などの発酵食品を多く食べているからではないかと言われています。

そしてお味噌には、血圧上昇や胃がんを抑制する効果があるそうです。

長生きみそ汁とは?

長生きみそ汁とは、スペシャルみそを使ったおみそ汁です。

スペシャルみその作り方

長生きみそ汁のベースとなるスペシャルみその作り方です。

■材料

赤みそ:抗酸化作用のあるメラノイジンが豊富

白みそ:ストレスを軽減するGABAが豊富

すりおろした玉ねぎ:腸内環境を整えるオリゴ糖が豊富

リンゴ酢:腸内の善玉菌のエサになるグルコン酸が含まれている

この4つを混ぜるだけです。

毎回このスペシャルみそを作るのも面倒なので、冷凍しておくとよいそうです。

少し深めの製氷器に入れて冷凍すると、1個がだいたいおみそ汁1杯分になります。

※1個=1杯分(約30g)

冷凍してもカチカチにはならないので、製氷器から取り出すのも簡単です。

具材なしで、スープだけでも腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。

 

長生きみそ汁の飲み方、ポイント

スペシャルみそを使ったおみそ汁は、玉ねぎの甘みが感じられ、出汁が入っていないのに、コクがあるそうです。

このおみそ汁を1日1杯飲みます。

ポイントですが、味噌汁ファーストで、食事の際は最初におみそ汁をいただきます。

最初におみそ汁を飲むことで、血糖値が上がるのを抑えてくれるのです。

 

効果別みそ汁レシピ

疲労回復「ニラとベーコンのみそ汁」

材料:生姜、ベーコン、ニンジン、ニラ、スペシャルみそ

生姜を入れた水にベーコン、ニンジンをいれ1分。最後にニラをいれスペシャルみそを溶く。

・ベーコンのビタミンB1が疲労回復

・ニラのアリシンが、ビタミンB1の吸収を高める

脳を活性化「まぐろのみそ汁」

材料:酒、生姜、玉ねぎ、まぐろ、スペシャルみそ

水に酒、生姜、玉ねぎを入れひと煮立ち。まぐろを加え5分ほど煮込みスペシャルみそを溶く。

・マグロのDHAが脳の老化予防作用、EPAが脳の健康維持に役立つ

がん予防「丸ごとトマトのみそ汁」

材料:トマト、オリーブオイル、スペシャルみそ

水を入れた鍋に、ヘタをくりぬいたトマトを入れ10分加熱し、スペシャルみそを溶く。器に盛ったら最後にオリーブオイルを垂らす

・トマトのリコピンが、がんの原因の1つ活性酸素を抑制

・トマトは熱を加えることでリコピンの吸収率が高まる

・オリーブオイルのオレイン酸が悪玉コレステロールを減らす効果が期待できる

活性酸素を減らす実験

番組では、雛形あきこさんが長生きみそ汁を1週間試しました。

それまでの雛形さんは、おみそ汁を飲むのは週1回程度だったそうです。

活性酸素とは?

疲れの原因となるもの。

活性酸素が増えると正常な細胞や遺伝子を攻撃し、シミやしわ、がんの原因にもなります。

実験結果

雛形さんの活性酸素の量は4.6ng(ナノグラム)。これは注意が必要なレベルです。

これが1週間のみそ汁実験で激減していました。

<雛形あきこさんの活性酸素量>

おみそ汁を飲む前 4.6ng

1週間おみそ汁を飲んだ後 0.4ng

 

1週間、おみそ汁を飲んだ後の活性酸素の量は、なんと0.4ng!

この結果は、がんの危険、シミやしわ、疲労の予防にとてもいい結果だそうです。

1週間おみそ汁を飲んだ雛形さんは、最初におみそ汁をしっかりいただくので、満腹感があり余計なものを食べなくなったと言っていました。

そのため体が軽くなったと。もしかしてダイエット効果も望めるかも???

活性酸素はちょっとした生活習慣を変えるだけで、変化が出やすいとのこと。

こんなに簡単に結果が出るなら、ぜひやってみたいです。

 

小林先生監修の1週間みそ汁メニュー

雛形あきこさんが1週間のみそ汁生活を試したときの、みそ汁の具材です。

1日目:ねぎ、納豆

2日目:ズッキーニ、ミニトマト

3日目:なす

4日目:めかぶ、大根

5日目:えび、アスパラガス

6日目:みそとチーズのトースト

この日はみそ汁ではなく、パンに塗って食べました

スペシャルみそにバターとはちみつを加え、パンに塗り、とろけるチーズをのせて焼く

7日目:レンコン、さつまいも

 

活性酸素を減らすと日焼けに強くなったり、保湿効果も出てくるとのことで、女性には特に嬉しいです。

最近は、おみそ汁を毎日飲まなくなった人が増えたと聞きますが、こんなに手軽によい効果を得られるのなら、飲まないともったいないですね。

さっそくスペシャルみそ、作ってみようと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました