糖化・AGE&血糖値を改善して老化を防ぐ!生姜の栄養と効果/名医の太鼓判

生姜健康

AGEってご存知ですか?

体内に増えると体に悪影響を及ぼし、老化の原因にもなります。

このAGEを抑える食材として生姜が紹介されていました。

生姜にはこのAGEだけではなく、血糖値を改善する効果も期待できるということです。

TV番組、名医の太鼓判で紹介されていた内容をまとめました。

 

 

放送日時・概要

TBS

12/10 (月) 19:00 ~ 20:00

名医のTHE太鼓判!

冬の最強鍋…老化を防ぐ!

■出演
MC :渡部建(アンジャッシュ) 、山瀬まみ
レギュラー:児嶋一哉(アンジャッシュ) 、原西孝幸(FUJIWARA)、藤本敏史(FUJIWARA)
ゲスト:伊藤かずえ、勝俣州和、貴闘力、松嶋尚美

医師:伊藤明子、上原誉志夫、大竹真一郎、丸田佳奈、森田豊、池谷敏郎、大谷義夫

 

AGEとは

AGEとはAdvanced Glycation Endproductsの頭文字をとったもので、終末糖化産物と言います。

糖化とは、人が食べ物で摂取した糖がたんぱく質と結合することで、その時に悪玉物質が発生します。

それをAGEと言い、体内で増えるとさまざまな悪影響を及ぼします。

例えば、骨が糖化するともろくなり折れやすくなります。

糖化は血管も硬くします。

健康に悪影響なAGEは、老化の原因になり突然死のリスクを高めます。

 

■AGE測定装置

「AGE測定装置」は、体内のAGE量を測定し、糖化年齢として表示をしてくれます。

実年齢よりも糖化年齢が大きいと、AGEが多いということになります。

10秒くらいで測定することができます。

 

AGEが体に及ぼす影響

AGEが増えると、健康にどんなリスクがあるのか、先生のお話をまとめました。

■循環器内科・池谷敏郎先生

AGEは動脈硬化を引き起こして、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高める

 

■呼吸器内科・大谷義夫先生

睡眠時無呼吸症候群や誤嚥性肺炎と関係があり、寿命が短くなるリスクがある

 

■消化器内科・大竹真一郎先生

50歳以上の人は特に注意。白内障やアルツハイマーのリスクが高まる

 

それぞれの先生のお話から、健康寿命を保つためには、AGEは天敵だということでした。

 

AGEは調理法で増えてしまう

AGEは調理の仕方で増えてしまいます。

 

逆に言えば調理法を変えれば減らすことができます。

炒める < 焼く < 揚げる

AGEが一番増えるのは、「揚げる」です。

 

例えば食パンはトーストすると色がつきます。

これはAGEが増えたということです。

 

AGEの1日の摂取量

AGE研究協会によると、AGEの1日の摂取目安は15,000exAGEです。

数字を見ても、これがいったいどのくらいの量なのか分かりませんね。

ごはん(白米)1杯のAGEは16 exAGEです。

これをチャーハンにすると7,885 exAGEに増えます。

水餃子なら4,689 exAGEですが、焼き餃子になると8,668 exAGEです。

このように調理法によって数値はだいぶ変わります。

長い時間、高い温度で調理すると、AGEは上がります。

 

<AGEの量>

ごはん(白米)16 exAGE

チャーハン 7,885 exAGE

水餃子 4,689 exAGE

焼き餃子 8,668 exAGE

かけそば 106 exAGE

焼きそば 3,628 exAGE

冷奴 624 exAGE

揚げ出し豆腐 6,063 exAGE

カツカレー 17,337 exAGE

 

カツカレーを食べると、1日の摂取量の目安を超えてしまうのですね。

揚げ出し豆腐も、豆腐だからいいと思っていましたが、冷奴と比べて桁違いなのにビックリです。

脂が多い食材や糖質を含む食材だとAGEも多くなり、その食材を高温で調理することでさらにAGEが増えてしまいます。

 

■AGEが少ない料理はお鍋

冬の定番お鍋は、100度以下の低温・中温料理なのでAGEが少ないのです。

 

 

AGEを抑える生姜の栄養と効果

生姜の中には、糖化・AGEを抑える成分が入っています。

にんにくやネギにもAGEを抑える力はありますが、生姜にはにんにくの8倍、ネギの2倍、AGEの抑制力があるのです。

 

ショウガオール

ショウガオールとは、生姜の辛味成分ジンゲロールの一部が変化したものです。

このショウガオールが、より糖化・AGEを抑える作用が期待できるのです。

体を温める効果がアップして、AGE抑制酵素が活性化、AGEの蓄積も予防してくれます。

また、ショウガオールには血液中の糖を外に出し、血糖値を下げる効果が期待できます。

 

最強の健康鍋は黄色い鍋!

黄色い鍋とは、生姜のお鍋です。

生姜の産地の高知県四万十町の人たちは、新鮮な生姜の千切りをお鍋の具材のようにして、沢山食べていました。

通常スーパーで買う生姜は少し時間が経っているので、すりおろしてお鍋に入れるとよいとのことでした。

 

生姜の検証

女優の伊藤かずえさんが検証に参加しました。

伊藤かずえさんのデータ

・実年齢52歳

・糖化年齢61歳 (+9歳)

・血糖値:食前106、食後160

血糖値は正常値が70~140なので基準値オーバーです。

 

検証方法

1日10g以上の生姜を2週間食べる

伊藤さんは、紅茶やほうじ茶に生姜を入れたり、料理に使ったりして、2週間食べました。

 

検証結果

2週間後、伊藤かずえさんの数値は、次のように変化しました。

・食後血糖値:160 ⇒ 124

・糖化年齢:61歳 ⇒ 52歳

血糖値は基準値内に、糖化年齢は実年齢になりました。

生姜を食べた以外には、特に何もしなかったそうです。

好きなお酒も、控えることなくいつも通り飲んでいたそうです(^^;

 

 

さて、いかがだったでしょうか。

体を老けさせる糖化・AGE、いやですねぇ。

生姜を食べることでそれが阻止できるなら手軽でいいです。

1日1品に生姜を使う or 生姜を入れたお茶やコーヒーを飲む、くらいでよさそうですね。

生姜は高いものではないし、常備しているお宅も多いのではないでしょうか。

これならその延長線上なので続けやすいと思いました。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました