健康効果がアップする卵かけご飯のレシピ!冷凍卵の作り方|名医の太鼓判

卵かけご飯 その他健康

4/29の名医の太鼓判では、「名医が教える健康効果があがる料理ベスト10」がやっていました。

普段の家庭料理にひと手間加えると健康効果がアップします。

名医が教えてくれたレシピの中から、ここでは「たまごかけご飯」についてご紹介します。

 

 

放送日時・概要

TBSテレビ
4/29 (月) 19:00 ~ 22:00
名医のTHE太鼓判!【名医が教える健康料理ベスト10】

出演者

・MC:渡部建(アンジャッシュ)、山瀬まみ
・レギュラー:児嶋一哉(アンジャッシュ)、原西孝幸(FUJIWARA)、藤本敏史(FUJIWARA)
・ゲスト:小倉久寛、クロちゃん、くわばたりえ、関根麻里、瀬戸利樹、中山忍、村上弘明、村上都、山田親太朗
・教えてくれた先生方
医師 :大竹真一郎、大谷義夫、川村優希、丸田佳奈、森田豊
管理栄養士:赤石定典、伯母直美
料理研究家:水島弘史
家事テクニック:家事えもん

 

記憶力アップ「たまごかけご飯」

卵は完全栄養食と言われるほど栄養価が高く、1日に必要な栄養素の15種類を摂ることができます。

物忘れは、脳の栄養不足でも起こると言われていますので、栄養の王様とも言われる卵を食べることは脳にとって良いことです。

卵をご飯にかけることで、栄養価はさらにアップし、尚且つご飯単品で食べるよりも血糖値スパイクを抑制することができます。

黄身に含まれる「コリン」の効果

黄身に含まれる「コリン」という成分が、記憶力アップ、認知症の改善にも効果があるとされています。

コリンを摂取すると、記憶力や学習能力に関係する神経伝達物質が生成され、脳を活性化させるというのです。

また、アルツハイマー病予防や認知症予防が期待できる神経回路の機能向上の働きもあります。

コリンの含有量は他の食材と比べても圧倒的に多いのです。

コリン含有量(100g)
・卵黄(生):680㎎
・鶏レバー(生):190㎎
・大豆(生):180㎎
・豚肉赤身(生):81㎎
※USDA/一般食品の含有量

 

コリンの弱点は熱に弱いという点です。

そのため、コリンを効率的に摂取するには生で食べるのが一番なのですが、そうするとメニューが限られてしまいす。

黄身を生で食べることができて、レシピが広がる調理法として「冷凍卵」が紹介されました。

 

 

冷凍卵の作り方

①保存袋に生卵を殻のまま入れて、空気を抜いて密閉します。
②冷凍庫で一晩ほど凍らせます
③完全に凍ると、白身が膨張して殻にヒビが入ります
④流水にあてながら殻をむくと凍った卵が出来上がります
⑤常温で1時間半置くと白身は解凍されますが、黄身は丸いままです

 

冷凍卵は、解凍しても黄身が丸く固まったまま半熟のようになるため、おにぎりの具に使うと、持ち歩けるたまごかけご飯になります。

その他、サンドイッチの具にしたり、工夫次第でメニューが広がります。

また、黄身は冷凍すると水分が抜け、たんぱく質同士が結合して硬くなり旨みが凝縮します。

熱を加えたわけではないので、コリンの量はそのままで、さらに旨みがアップするといういいことづくめの冷凍卵、ぜひお試しください。

※衛生面に十分注意して、解凍後に長時間経過した場合や味や匂いなどに違和感を感じた場合は食べるのを避けてください。

 

名医が教える健康効果があがる料理ベスト10

名医が教えてくれた健康料理のランキング結果です。

「たまごかけご飯」は5位でした。

 

 

持ち運べるたまごかけご飯はちょっとビックリでした(^^;

パンに挟んだり、サラダのトッピングなど、使い勝手がよさそうです。

またトロッとして美味しそうでした。

冷凍するだけなので、やってみようと思います。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました