たけしの家庭の医学|頻尿&尿漏れ劇的改善!効果的な方法で余計な医療費削減!

頻尿その他健康

年齢とともに尿漏れや頻尿に悩んでいる人も多いと思います。

今回は、尿漏れや頻尿を改善する有効な方法をご紹介します。

 

放送日時・概要

名医とつながる!たけしの家庭の医学
いつの間にか高額に!怖いステルス医療費を防ぐSP
見えないステルス医療費の恐怖…(秘)改善
10/29 (火) 19:00 ~ 20:54
テレビ朝日

■出演
司会:ビートたけし
アシスタント:澤田有也佳(ABCテレビアナウンサー)
ゲスト:中山秀征、高橋ひとみ、足立梨花、ガダルカナル・タカ

 

ステルス医療費とは

ステルス医療費というのをご存知でしょうか。

ステルス医療費とは、隠れた医療費のことです。

ドラッグストアで買う湿布や風邪薬などがそれにあたりますが、それ以外にも気付かずに出ていくお金があります。

見えない医療費

頻尿と尿漏れに悩んでいるある女性は、尿トラブルで失敗した経験から、尿漏れパッドや大人用おむつなどを準備するようになりました。

外出時には、尿トラブル対策グッズとして、

・尿漏れパッド
・替えの下着
・替えのズボン
・大人用紙おむつ
・臭いケアのミストスプレー

これらをポーチに入れて持って歩いていました。

ポーチの中身は全部で7520円。

5年ほど前からこれらを準備するようになり、これまでの消費額の合計は209,100円です。

また、それ以外にも

・1日に何度もトイレに行くため、トイレットペーパーは1ヶ月に3袋(1,000円以上)

・水の音を聞くとおしっこを連想して行きたくなってしまうため、キッチンでの洗い物を減らすためにお惣菜を買う

・映画館では途中でトイレに行きたくなり最後まで観れないので再度お金を払って観なおす

・外出時にトイレに行きたくなり喫茶店に入る

これらも尿トラブルのために余計に出費しているステルス医療費となります。

 

効果抜群!尿トラブル改善法

尿トラブルの改善法を教えてくださったのは、

日本大学医学部付属板橋病院泌尿器科主任教授 髙橋悟先生です。

この方法は世界的に権威ある医学誌「アナルズ オブ インターナル メディシン」に掲載された治療法で、治療薬とほぼ同等の効果があるとのことです。

頻尿改善は「我慢する」

その方法は「おしっこをしたくなったら我慢する」でした。

ちょっとビックリですが、これがとても有効なのだそうです。

頻尿は、加齢により膀胱のしなやかさがなくなって、膀胱が広がりにくくなっているのだそうです。

通常は膀胱が広がって300cc~400ccほどの尿をためられることができます。

加齢により膀胱のしなやかさがなくなると、広がりにくくなり尿をためられる容量が少なくなり頻尿になります。

尿意を我慢することによって少しずつ膀胱が柔らかくなり、尿を沢山ためられるようにしていくという治療法です。

やり方

・我慢の目安は最初は5分

・徐々に長くしていければ、頻尿は次第に解消する

我慢するときのポイント

・体全体をリラックスさせる

・尿道に力を入れる

骨盤底筋体操もあわせて行います。

尿道を締め付ける力がつき、尿漏れを改善することができます。

尿を我慢する方法

尿をしたいと思うとそればかり考えてしまうので、それ以外のことを考え気を紛らわせるのがポイントです。

名医直伝の頻尿改善法は「ものや人の名前を逆から読む」というもの。

これで5分くらいは我慢できるようになります。

 

頻尿&尿漏れ改善法の検証

尿トラブルに悩んでいる女性(56歳)が、5日間の検証を行いました。

<改善方法を行う前の状態>

・トイレの回数:1日17回 ※医学的には8回以上で頻尿
・尿漏れ:1日2回
・病院には行ったことがない
・番組でMRIの検査をしたところ、膀胱に190ccしか尿をためられない状況

 

トイレに行きたくなったら、人やものの名前を逆から読み5分我慢するということを5日間実践した結果は次の通りになりました。

1日目2日目3日目4日目5日目
トイレの回数13回12回12回10回10回
尿漏れの回数2回2回1回1回0回

MRIのチェックでも膀胱に350ccの尿をためられるようになっていました。

 

 

頻尿や尿漏れなど尿トラブルが改善されれば、今までかかっていたいつの間にか医療費を減らすことができます。

しかも、病院にいかずに自分でできる改善法です。

先生お墨付きの方法なので、お悩みの方はぜひやってみてください。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました