えごま油で高血圧&血圧サージ改善!検証結果は?名医の太鼓判

名医の太鼓判健康

4月3日の名医の太鼓判は油についてでした。

名医曰く最強の油だという「えごま油」は、血圧を改善するのにもよいようです。

 

 

放送日時・概要

TBSテレビ
4月3日(月) 19:00~20:00
名医のTHE太鼓判!いい油を使い分けて健康になろうSP
・気付かないうちに摂取している油に注意!!
・どちらが正解?唐揚げの調理法
・驚きです。「(スプーン)1杯の〇〇〇油」

 

出演者

MC:渡部 建(アンジャッシュ)、山瀬まみ
レギュラー:児嶋一哉(アンジャッシュ)、原西孝幸(FUJIWARA)、藤本敏史(FUJIWARA)
ゲスト:勝俣州和、佐藤エリ、須田亜香里(SEK48)、やしろ優、細川たかし
医師:大竹真一郎、大谷義夫、斎藤糧三、丸田佳奈、森田豊

 

アブラのキホン

油というと、過去には、あまり健康的でないようなイメージがありましたが、最近では、適量の良質な油を摂ることは健康にいいとされるようになってきました。

以下に、油(脂)の基本的なことについて挙げてみます。

・1日の油の摂取目安量は、成人で約55gです。

 

・油は消化吸収に時間がかかります。

このため、胃腸に長く留まり、負担をかけやすいため、摂取しすぎると胃酸の逆流を起こしやすく、また、胸やけも起きやすくなります。

 

・油を摂りすぎると、血流中のコレステロールや中性脂肪があがってしまいます。

すると、動脈硬化などの血管の病気が進行し、最終的には脳卒中、心筋梗塞などに繋がってしまいます。

 

油の量はどっちが多い?

私たちの食生活では、知らず知らずのうちに多量の油を摂っていることがあるようです。

たまごサンドとカツサンド

例えば、「カツサンド」と「たまごサンド」、どちらも、ポピュラーなサンドイッチで、食べる機会はかなりあるでしょう。

一見、脂っこい「カツサンド」を敬遠して、「たまごサンド」を選ぶことが適切なような気がします。

ところが、それぞれに含まれる油の量を比較したところ、

カツサンド: 14.6g
たまごサンド:18.6g

となり、意外にも「たまごサンド」の方が、油の量が多いという結果になりました。

たまごサンドの材料となるマヨネーズの脂質は75%にも上ります。

サンドイッチで使われるマヨネーズには9gもの油が含まれているそうです。

カツサンドの揚げ油や肉の脂よりも多いとのことでした。

本当はカツサンドを食べたくても、健康に気を使って「たまごサンド」を選んでいた皆さんは、これからは気分によってカツサンドを選ぶことができますね。

でも食べ過ぎには注意しましょう。

 

エビの天ぷらとかきあげの天ぷら

「エビの天ぷら」と「かきあげの天ぷら」に含まれる油の量を比較すると、

エビの天ぷら:3g
かきあげの天ぷら:15g

と、かきあげの方がエビの天ぷらに比べて5倍もの油を含んでいるそうです。

ちなみに、「ししとうの天ぷら」は最も少なく、1.5gだそうです。

 

 

最強の健康オイル~えごま油~

スプーン1杯程のえごま油で、高血圧が改善され、動脈硬化の予防効果が期待できるそうです。

番組では、えごま産地である島根県川本町と30以上のえごま関連商品を扱っている道の駅かわもとが紹介されていました。

ちなみに、えごま油は、出雲大社の屋根柱の腐食剤としても使用されているそうです。

α-リノレン酸

えごま油には、多量のα-リノレン酸が含まれています。

他の油とα-リノレン酸の含有量の割合を比較してみると、

えごま油:60%
なたね油:7.7%
大豆油:6.4%
オリーブオイル:0.6%
ごま油:0.3%

と、えごま油は、圧倒的に含有量が多いことがわかりました。

このα-リノレン酸は体内で作ることができず、食品からしか摂取できません。

また、この栄養素は「オメガ3系脂肪酸」に属しており、生活習慣病、アレルギーなどの改善効果も期待できます。

えごま油を摂取すると、α-リノレン酸がEPAやDHAに変換されます。

このEPAやDHAが赤血球や細胞の膜を柔らかくし、血液を固まりにくく、サラサラにしてくれ、高血圧を改善してくれるそうです。

そして、えごま油スプーン1杯でサバ半身と同程度の効果があるとのことでした。

 

検証結果~高血圧に効果があった!~

幼いころの芦田愛菜さんのモノマネで有名な、やしろ優さん。

1日の血圧を測定したところ、最高で213を記録し、血圧サージと診断されました。

「血圧サージ」とは、ある場面だけ血圧が急上昇をすることを言うそうです。

この「血圧サージ」がおきると血管が老化し、放置すると脳卒中や心筋梗塞など突然死のリスクがあります。

このため、えごま油を活用した10日間の改善生活に挑みました。

1日に、えごま油をスプーン1杯食べるだけの改善生活でした。

たったこれだけでしたが、驚きの結果となりました。

改善生活前後の最高血圧と血管年齢は、

■血圧
213mmHg → 125mmHg■血管年齢
実年齢は31歳です。
32歳 → 27歳

と、改善生活後の血圧は大幅に改善されました。

 

 

油が体に良く必要であるという知識は、最近、だいぶ浸透してきました。

それでも、油を摂りすぎると、動脈硬化を招いたり、心筋梗塞や脳卒中などのリスクも生じるなど注意しなければなりません。

油をうまく利用しながら、健康的な生活を心がけたいですね。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました