運動不足解消の室内グッズ!トランポリンクッションレビュー

トランポリンクッション ダイエット

運動不足解消のために、最近購入したトランポリンクッション。

私の中では、最近のヒット商品です!

実際に使ってみた感想をレビューします。

 

 

失敗したトランポリン

実は何年も前ですが、室内トランポリンを持っていました。

このときも運動不足解消のために購入したのですが、部屋に出しっぱなしにしておくには邪魔。

かといって畳んでしまうと出すのが億劫に。

それで結局手放しました。

それ以来、もっとコンパクトなトランポリンはないかと探していましたが、なかなか見つけられずにいました。

■こういうヤツです↓

 

トランポリンクッション(システムK)

最近YouTubeでトランポリンクッションなるものが紹介されていて、「おおっ!考えた人天才!」と大興奮。

幾つか種類があり、悩んだ結果「システムKのトランポリンクッション」を購入したので、使ってみた感想をまとめてみました。

 

 

トランポリンクッションを選んだ理由

・値段
・情報量
・カバーの色

最初に知ったのはミズノのトランポリンラパンでした。
値段は約25,000円。
ブランド力とお値段で安心感はあったけど、高くて手が出せない。

他にないか探したら2,000円前後から、4~5万円するものまでいろいろありました。
あまり安いのはちょっと心配。
それで1万円前後ならどうだろう?と思いました。
結局約6,000円ほどで買えるシステムKのトランポリンクッションになりました。

決め手というほどのものではありませんが、使用している動画があったのと、クッションカバーの素材と色でしょうか。
比較的安価なものは、動画で紹介されているものは少ないです。
弾んでいる動画は参考になりました。

 

おすすめポイント

・部屋に馴染むので出しっぱなしでも大丈夫
・気が向いたときにすぐ使える → すぐ使えるから続けられる(と思う)
・滑り止めがついている
・我が家ではサイズ的に丁度良い
・何と言っても楽しい
・音が気にならない
・値段が手ごろ

わが家はマンションですが、軽く跳んで使うものなので、音は全く気になりませんでした。

カバーは外せるのですが、メーカーによると構造上カバーを付けているだけなので、カバーを外すことは推奨していないとのこと。

洗うなら自己責任ですね。

カバーの中はこんな感じです

トランポリンクッション

 

 

弾み具合は?

どんな感じで弾むのかは一番気になった点です。

感覚としては、ベッドの上で跳んでいる感じ?

「思ったよりもしっかり弾むな」という感想を持ちました。

ただ、高く跳ぶと危ないので、そこまで思い切りは跳べないです。

それはどのメーカーのトランポリンクッションも同じだと思います。

軽く弾む程度で使用するのには、十分だと思いました。

それでもちゃんと運動になりますし、使用感としては、私は満足です。

堅めのクッションなので、踏み台昇降も不安なくできました。

足踏みするだけでも、お尻と太ももにききます。

約55キロの私が乗ると、沈み具合はこんな感じです(^^;

トランポリンクッション

 

クッションから落ちないように中心で跳ぶので、体幹も鍛えられると思いました。

もしトランポリンクッションに、普通のトランポリンと同じような使用感を期待するなら、それは難しいです。

 

 

注意点

真ん中で着地しないと危ないです。
着地がクッションの端になってしまうと、足首を痛めたり、転倒する可能性があります。
そこで私は、次のように使っています。
・高く跳ぼうとしない
・軽く弾む程度にする
・周りに余計なものを置かない
・鏡で体勢を見ながら跳ぶ

高く跳ぼうとすると、ホントに危ないです。
軽く弾む程度で十分です。
膝への負担を考えても軽く跳ぶことをおすすめします。
もしくは、クッションから足を放さないで弾むと安定感があります。

それから、鏡を見ながら跳ぶと、足元が確認できるので跳びやすいと思います。
うちは丁度姿見の前が空いているので、姿見を見ながら跳んでいます。

最初はバランスを崩しそうで怖かったのですが、2、3日使ったらコツがつかめて上手く跳べるようになりました。

クッションのサイズが大きくなれば、安全性も高くなると思いますが、あまり大きいと邪魔になり、部屋に置けるというメリットがなくなります。

どのメーカーのものも、軽く弾む程度で使うことが前提です。

安全に使うなら、バランスを崩さないように軽く弾むことが必須だと思います。

 

 

気になるところは

やっぱりカバーが洗えたらよかったです。
どう考えても汚れるのは必至ですから。
自己責任で洗ってしまおうとも思いますが、推奨されていない以上不安です。

また、耐久性は分かりません。
これからしっかり使って、確認したいと思います。

 

 

ミズノトランポリンラパンのメリットは安定感

購入を諦めたミズノのトランポリンラパンですが、ラパンの良さは安心感かもしれません。

畳めるので収納時はコンパクトですが、使用時は幅が大きくなります。
奥行きは小さいですが、システムKの物よりは幅があるので、足を広めに開いて跳べます。
高さも低めなので安定感があると思います。

サイズ比較

■クッショントランポリン(システムK)
(約)幅45cm 奥行き45cm 高さ20cm

■トランポリンラパン(ミズノ)
全長:(約)幅600×奥行400×高さ120mm
折り畳み時:(約)幅300×奥行400×高さ240mm

 

運動って気分がのっているときはいいけど、自分に甘い私は、ちょっと気を許すと面倒くさくなって続かない。。。

でもトランポリンは楽しい(^^)

それに、弾むことで気持ちも明るくなると何かで聞いたような・・・。

室内運動のために買った商品は、結局使わなくなったというものがほとんど。

トランポリンクッションは続けられそうな気がするけど、さてどうでしょうか(^^;

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました