林修の今でしょ講座|みかんのスジと皮の健康効果で冷え性と肥満を改善!

みかんその他健康

みかんの白いすじが苦手で取ってしまう人が多いようです。

でも白いすじは、健康効果を考えると食べるのが正解!

食べ終わったみかんの皮にも嬉しい効果がありました。

「林修の今でしょ講座」で紹介されたみかんの白いすじと皮の効果をまとめました。

 

 

番組情報

11/20放送
「林修の今でしょ講座」
MC:林修
ゲスト:室井滋、伊集院光、宮本茉由
先生:旭川医科大学教授 太田嗣人先生

 

みかんの白いすじに含まれる成分と効果

みかん

毛細血管を強くする

毛細血管を強くするポリフェノールの1種「ヘスペリジン」が含まれています。

白いすじには、特に毛細血管の内側の壁に働きかけて、血管を強くしてくれます。

毛細血管が強くなれば、全身の血流が増えて、冷え性の改善や体温の上昇が期待できます。

体が温まるので、免疫力も上がり風邪予防も期待できます。

このヘスペリジンは、白いすじに多く、果肉は95㎎ですが、すじ(中果皮部分)には3800㎎含まれています。
※100g中の含有量

本当に効果がある?検証実験

ヘスペリジンを摂取した場合と、摂取していない場合の体温の変化を実験しました。

ヘスペリジンを摂らず、手を水につけると手の温度は冷たいまま。

ヘスペリジンを摂ってから、手を水につけると手の温度は5分後から変化して、15分後には水につける前の温度に戻るという結果になりました。

 

みかんの皮に含まれる成分と効果

みかん

漢方で使われるみかんの皮「陳皮」には、消化不良や胃酸過多、せきなどへの効能があります。

みかんの皮を折り曲げると汁がでますが、この中に肥満改善の効果が期待できる成分「リモネン」が含まれています。

肥満改善効果

みかんの皮には「リモネン」という香り成分が含まれています。

この「リモネン」が肥満改善の効果が期待できるというのです。

大阪大学と新潟大学がラットを使って行った実験によると「リモネン」を嗅ぐと、交感神経が刺激され体温がアップすることで、代謝がよくなります。

また、すこし時間が経つと食欲も抑えられます。

簡単でおすすめ!皮の使い方

使い方として一番簡単なのは「お風呂に入れる」

その他、みかんの皮を干してお茶に入れるなどもよいとのこと。

 

リモネンで消臭抗菌&油汚れを落とす

リモネンの香り成分には消臭効果や抗菌効果があるため、みかんの皮を魚のエサに加えたところ、魚の生臭さが消えたり、鮮度が長持ちするようになったのだそうです。

また、リモネンには油を落とす力もあるので、油性ペンや油汚れなどを落とすこともできます。

そう言えば、台所の油汚れを落とす洗剤にはオレンジを使ったものが多いです。
これはリモネンの効果を利用したものだったのですね。

■みかんを長持ちさせる
ヘタ部分を下にしておく

■1日の摂取量
3個

■甘いミカンの選び方
皮がシワシワで軸が細いもの

こちらでまとめているのでみてくださいね。

林修の今でしょ講座|みかんの効果で血管老化&糖尿病&骨粗しょう症を予防!

 

最近は「機能性表示食品」と表示されているみかんもあるそうですよ。

それだけミカンは体にいいのですね。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました