名医の太鼓判|視力改善!老眼&スマホ老眼回復法「ガボール・アイ」とは?

老眼の視力改善法に「ガボール・アイ」というものがあります。

「ガボール・アイ」とはどんな回復法でしょうか?

やり方をご紹介します。

 

 

放送日時・概要

TBS
11/11 (月) 19:00 ~ 22:00
名医のTHE太鼓判!
SP芸能人の余命宣告3時間SP

・MC :渡部建(アンジャッシュ)、山瀬まみ
・医師:大竹真一郎、大谷義夫、川村明、菅原道仁、高橋通、平松類、丸田佳奈、森田豊

 

スマホ老眼

スマホ老眼は老眼と同じで、手元が見づらくなったり、遠くや近くを急に見るとすぐにはピントが合わないなどの症状がでます。

原因はスマホの見すぎで一時的なものです。

しかし、そのままにしておくと慢性化して老眼に進んでしまいます。

先生によると、1日にスマホを見る時間は2時間くらいが理想とのことでした。

なかなか難しいですね(^^;

 

 

視力回復法「ガボール・アイ」とは?

「ガボール・アイ」は、世界で唯一科学的に証明された視力を改善する方法です。

具体的には、ぼやけたものを見ることで、脳を鍛えて視力を回復させるものです。

「ガボール・アイ」は書籍が出ているのですが、このちょっとぼやけたマークの中から、同じ組み合わせを見つけていきます。

このトレーニングを1日3分~10分行います。

 

代用

「ガボール・アイ」の書籍や図形がなくても、ぼやけたものを見れば視力の改善につながります。

例えば「お札の透かし」や「レース越しの風景」などで代用可能です。

 

 

「ぼやけたものを見る」ということが視力改善につながるということ。

実行しやすそうです。

ときどきスマホやパソコンから目を離し、実践してみようと思います。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました